FXの確定申告

何年か前に、外国為替証拠金取引で巨額の利益を上げた主婦に1億を超える追徴課税が課せられて話題となりました。
なんと4億円の利益を隠していたというのです。
死亡した母親の遺産を元手に増やしたそうですが、利益の額だけでなく、課税額にも驚かされました。
その後、FX取引の高額脱税ニュースが相次ぎます。
9億7000万円の所得隠し、三年間で3億4000万円を脱税した投資家グループのニュースもありました。
しかし、儲かるときは大きくても、損するときも大きいのがFXです。
大儲けしたときだけ税金を取られて、損したときはそのままでは、投資家としては割があいません。

FXを始めるときに大切なのは、まず税金をどうするかです。
儲かってから考えるでは遅いこともあります。
始めるときから、税金についての知識があれば、大損しても大儲けしても、税金におびえることがなくなります。
雑収入とされるFXの税金には、分離課税口座と総合課税口座があります。
これまではくりっく365などの取引所でのFX取引は、分離課税口座でしたが、非取引所では総合課税の区分になっていました。
そのために、収入によって分離課税口座がお得になる場合と、総合課税口座がよい場合に分かれていました。
くりっく365での取引では損金の繰越ができるのに、他ではできないなど、税制面に差があった取引所と非取引所ですが、2012年からは、税制は一本化されます。
これまでくりっく365だけに優遇されていた面がなくなり、全てのFX業者に同じ税制が適応されることになりました。
税金面からくりっく365を選んでいた人は、これからは、もっと幅広くFX業者を探すことができます。

どのFX業者でも損金の繰越が可能になったので、FX取引を行うときには、もし損金が発生しても、確定申告を行うことが大切です。
翌年以降に利益が出たときに、損金が繰り越せるので、税金を少なくすることができます。
それまでは最大で50パーセントの総合課税でしたから、例えば1000万の利益が出た人は、これまでは500万が税金だったのに、これからは200万ですむことになります。

近頃良く聞く外国為替関連のハナシは、すぐわかるこのサイトがおすすめですよ


Copyright (C)2014外国為替を運用する人のための税金知識.All rights reserved.